埼玉県川越市のデザインリフォーム設計事務所 女性建築士が主婦の目線で設計 リフォームに特化 女性リフォームプランナー 仕入れ値・利益公開 コンセプトワン建築士事務所    エリア:川越市・ふじみ野市・志木市・富士見市・狭山市・入間市・所沢市・さいたま市・浦和市他 小さな工事からリノベーションまで

さいたま市宮区K様邸 デザイン造作工事

さいたま市宮区K様邸 デザイン造作工事



7月22日に着工した、デザイン造作工事が完了!!

ドアの塗装が今ひとつで、塗り直しをしたりで少々工期が延びたりと

アクシデントもあったけど、満足いく仕上がりになりました♪


施工例をUPするのは、少々時間がかかりそうなので

ブログで完成をご紹介させていただきます!!


今回の工事は・・・

3階建てのご自宅が開放的な造りになっていて

エントランスから廊下に至るまで、エアコン装備、床暖房装備ではあるけど

あまりにも開放的なために、やはり冷暖房の効率が悪く

おしゃれに間仕切りをつけいたとのご要望に沿ったものです


まずは、2階のLDKと廊下にドアがない造りなので

ここに、オリジナルDesignの親子ドアを造作

画像の説明


元々のDesignがリゾート風で、バリのホテルを思わせるようなお宅なので

その雰囲気を大切に、少しレトロな雰囲気のDesignをご提案

なので、天井までのハイドアではなく欄間を設けて雰囲気を出しました

ドア材はもちろん、無垢材を採用し、木目を生かす塗装仕上げに

取っ手も、アンティークな真鍮色に凝ったデザインのものを採用

ガラスもアンティークガラスを入れて

親子扉全体が、リゾートな雰囲気を醸し出してます♪


LDに将来的に間仕切れるようにと設置してあったカーテンBOXがあり

これが全くもって不要とのこと

撤去となると段差も生じ、クロスも絡んでしまう(貼替えの必要)

それなら、無垢の化粧梁をDesignで造作しましょうと化粧梁を設置しました

画像の説明


新しく設置したLD親子扉と同系色で塗装し、ぐ~んとDesign性がUP♪


3階は階段が吹き抜けの造りになっていて

更に階段を挟んで設置してある開口があり

開口の下部はガラス、上部は素通し

さらに、3階もドアはない状態でした

開口いっぱいの大空間は、とっても素敵ではありますが

床暖房完備でも、これだけある開口には勝てないとのこと

もちろん、冷房の効きも悪くなってしまいます

でも、ただガラスで塞ぐとか、既製品のドアを付けるではつまらなく

K様のお宅には役不足という感じなので、3階もDesign造作をご提案


まずは、階段を挟んだ開口の上部のご提案ですが

そもそも既存の設計は、ただの開口という前提ですから

K様のご要望のガラスブロックの荷重に耐えらないと判断

でも、こちらのお宅にはガラスブロックの雰囲気はとっても合うし…

そこで、YKKのアクリルブロックを採用したDesignで造作することに

開口全てをアクリルブロックで塞ぐのは簡単ですが

吹き抜けの階段を通して風が動くのも捨てがたく

アクリルブロックの両側に、突き出し窓を設置することにしました


開口の下部に入っているガラスは、万が一の際に飛散防止にもなる

ガラスフィルムを採用

フィルムといっても、こんなDesignなら上の造作にも負けずにおしゃれです♪


画像の説明


アクリルブロックは、ショールームで見たときよりも、ずっと綺麗でした

また、目地も透明なので一体感もあり、本物と比べて1/5の荷重で

ユニットとして出来上がってくるので、設置も手間がかかりません

これは、リフォームで後付けのDesignに使うにはGoodな商品でした♪


アクリルブロックサイドの突き出し窓も、リゾート感を演出するために

無垢材で格子型のDesignにし、使用する金物にもシルバー色は一切使わず

アンティークな雰囲気の金物を採用、開けた時の止め金具もレトロな感じに

これだけで、3階全体がリゾート感満載の空間に仕上がりました♪


続いては、階段と居室の開口に、こちらもドアを設置

K様とお打ち合わせしながら、ほんの少し狭いけど両開き扉でいこうとなりました

親子扉でも十分に素敵ですが、両開きというのはまさにリゾートぽっくてGood

画像の説明


居室から階段室天井に続いて見せる既存の化粧梁を生かしたいとのご希望で

欄間は敢えて透明ガラスを採用し、扉には2階と同じくアンティークガラスを採用

取っ手もまた、バリのリゾートホテルにありそうなアンティーク色のもので

くどくなりすぎないDesignのものを採用しました

階段下から見上げる両開き扉は、開けたらそこに海の景色が見えそうです♪

実際に、K様のお宅はこの扉の正面にプールがあるんですけどね(笑)


こーんな感じで、バリ風リゾートDesignを採用し造作したK様邸

今年の夏は、暑かったけど熱帯夜も少なく、冷房効率の効果は

あんまり感じなかったと思いますが・・・

きっと、真冬には間仕切った効果を体感していただけると思います

全体的にリゾート風Designでまとまられている割には・・・

無垢材の使用が少なかったK様邸

今回のDesign造作工事では、ふんだんに無垢材を採用しましたので

リゾート感も高級感もUPしました♪


冷暖房効率の向上とDesign性の向上

この両方を兼ね備えた造作工事をご提案できたと自画自賛のわたし(笑)

とってもお人柄の良いK様ご夫婦と、楽しくお仕事をさせていただきました♪

楽しいお仕事をありがとうございました(*^^)v



コメント


認証コード4386

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional